• 双極性障害の治療について

心理療法の効果

男性

双極性障害のこれまで

双極性障害では、治療にあたり心理的なケアも同時進行で行われます。精神の病である双極性障害は、薬物による治療以外にも、症状を悪化させるストレスの緩和も必要なのです。双極性障害は、鬱による症状を発病させやすいため、特に注意しなければなりません。治療において、肝心であるのが障害を発病させている人の理解です。双極性障害では、たびたび障害についての知識が不足していたがために、障害である事を忘れ、治療もいい加減な態度で行う人も多くいます。こうした治療による態度がいい加減なものとなりますと、自分自身の感情のコントロールも意識して行うことができないため、症状も悪くなってしまうのです。心理治療では、自分自身を客観的に見つめ、真摯な態度で改善をさせることから始めます。双極性障害の人は、自分の症状を軽い物と考えがちであるため、そういった考えを改めさせ、自分を客観視させられるようにするのです。感情のコントロールには、客観的な視点がなによりも重要であるため、こうした視点を気づかせることから、治療を始めなければならないのです。他にも、心理療法では感情が大きくぶれた時に、適した精神状態へ導くための考え方も学びます。

治療などのこれからの動向

鬱状態となれば、ささいなことでも精神が急激に落ち込んでしまうため、鬱状態に陥らないために適切な考え方に切り替えられるようにするのです。鬱状態になりかかった時に、肯定的な考え方が出来るようになれれば、極端な落ち込みを防ぎ、躁鬱の症状を効果的に抑えることができるようになるのです。

双極性障害はうつ病や感情障害と呼ばれる精神病の一つです。日本での発症率は約0,2%とかなり低いですが、外国での発症率は1.0〜1.5%と報告されているそうです。この大差は人種差や環境による物の他、研究データの取得方法などにも問題があるとされている。そのため結論は得られていないのが現状です。遺伝要因が関係することが確認されている。回復する場合もあるが再発する可能性が高く薬物による予防治療が必要となります。他にも統合失調症などの精神病も薬物による治療が必要となります。治療には安定剤や睡眠導入剤などの薬による治療が双極性障害には有効となります。双極性障害の症状は気分が高まりすぎたり、落ち込んでしまったりしますので早急の薬物投与による治療が必要となります。

原因などは様々ありますが遺伝要因も大きいようです。双極性障害かどうかを自分でネットでチェックするようなさいともあるので参考程度にすると良いと思います。病院などの専門家に相談することも必要となります。完治はやはり難しい物の薬によって症状を安定させることも、とても重要となり必要不可欠です。薬が効かないという非常に大変な人もいるそうですが、磁気刺激治療など他にも様々な方法の治療があるそうですので薬が効かない場合は専門家(医者)などに相談した上で磁気刺激治療など様々な治療を受けてみることをおすすめいたします。いずれにしろ早期発見と早期な治療が必要となります。精神病は判断が難しい傾向にあるようですが、正確な判断をしていただくことが第一歩となります。

↑ PAGE TOP