• 双極性障害の治療について

薬物による治療

悩み

金額や価格の傾向について

双極性障害の治療では、薬物投与による治療法が主に行われます。これは、双極性障害となると自分自身の感情をコントロールしづらくなるためであり、薬物治療によって精神をコントロールしやすくする効果があるからです。心の病であるため、双極性障害の治療には外科療法は通用しません。医師のカウンセリングとともに薬物で感情をコントロールすることで、適切に症状を緩和させていくことができるのです。薬物には気分安定薬の他、抗精神薬を服用します。この二つの薬剤の作用によって、双極性障害特有の極端な精神状態を抑制することができるのです。こうした薬物を使用する理由として、症状の緩和のほか、再発の防止を防ぐことが理由に挙げられます。通常の風邪と同じく、こうした精神病についても、症状がぶり返すことがあるのです。熱が下がったからといって、薬を飲むことをやめてしまうと、これまで快方に向かっていた病気が再発してしまうように、双極性障害に対する投薬も勝手に中断してしまうと、再び症状が現れることがあるのです。治療は医師の指示に従って行わなければ、治るものも治らないものなのです。薬の用法用量を考え、適切な医療プログラムを組んだ上で治療を行うことで、初めて治療による効果が現れるのです。双極性障害のような症状は、脳内物質によるバランスの崩れが原因である場合があります。適切な薬剤を服用し続けることにより、こうした脳内物質のバランスを保ち、治療を行うことができるのです。

これまでの歴史や変遷

 心の病気の一つとして双極性障害といううつ病に似ている症状があり、心療内科や精神科などで治療を行っています。また症状によっては数週間ほど入院をしなければいけないケースもありますが、その場合にはいったいどれくらいの入院費などがかかる傾向にあるのかを調べていきます。  双極性障害という病気で数週間入院して治療を行った場合には、大体10万円くらいの治療費がかかる傾向があるとされています。これには1日あたりの入院費や食費などを合計した金額となっており、日数が少なければそれだけ費用も安く抑えられる傾向があります。ですが双極性障害で入院が必要となると数週間くらいは治療を受け続けなければならないため、実際の治療では10万円ほどかかるケースが多いです。

 双極性障害はうつ病に似ている心の病気ですが、違いとして抑うつ状態だけではなく躁状態というやる気が極端に上昇する症状があるのが大きく異なっています。そこでこの双極性障害という病気について、今のように多くの方に認識されるようになった歴史の流れについて説明をしていきます。  最初に双極性障害が発見されたのは紀元前400年ごろであり、心身のバランスは4つの体液により決定されるという体液説が誕生をします。この説を元に後に医学界などで色んな研究が進められていく形となり、20世紀末ごろに躁うつ病は気分障害というカテゴリーに分けられます。そのカテゴリーの中で躁うつ病は2つの気分の違いが出ることから、双極性障害と名付けられるようになっていきます。これが双極性障害と呼ばれる病気の歴史の流れであり、今でも心理学界などで色んな研究がされています。

↑ PAGE TOP